Now Loading

いまのひと

2020.03.16

めがねを変えて、わたしも変わる! ~「さばえめがねナイト」イベントレポート・後編~

  • #イベントレポート
  • #さばえめがねナイト
  • #後編

イベント前半で、めがねチェンジとメイクの威力をまざまざと知った参加者のみなさん。そろそろ選びたくなってきたところで、マイめがねセレクトの時間がスタートです!

めがねで見つける新しいわたし!ベストめがねアワード開幕。


この時間はベストめがねアワード。自分に合うと思うめがねをチョイスし、一番輝いていた人にベストめがね賞が授与されます。田中さん、中西さんに加えてゲスト審査員として、会場である有楽町microのプロデューサー・古田秘馬さんも参加。古田さんは写真からも分かる通り、かなりのめがね好き。田中さんのお店で、勧められるままに、つい4本ものナイスなめがねを購入してしまったというツワモノです。TPOに合わせてのめがね替えは当然として、なんと打ち合わせの場で話している途中にチェンジするときもあるそうです!


ゲスト審査員の古田さん

新しいめがねに込める想い、希望。


この時間のために鯖江から持ち込まれためがねはなんと五百本以上。選ぶのが大変なほどいろいろなめがねの中から、田中さんや中西さんのアドバイスを受け、自分に本当に合っためがねを選んでいきます。


ベストなめがねを探す参加者たち

楽しくも真剣な時間を経て、セレクトしためがねのお披露目の時間です。それぞれがどんな理由でめがねを選んだのか説明しつつ、新しいめがねと新しい自分の姿を披露します。そこで吐露されためがねへの想いや希望は以下のようなものでした。



「アイメイクしなくても大丈夫なものを」
「いつもと違うわたしになれる。上品で知的なイメージ」
「普段とは真反対で、スクエアフォルムからラウンドに、黒から白に」
「仕事を忘れる!」
「アラレちゃんみたいな親しみやすさ」
「いつもは絶対掛けないものを」
「仕事ができる女子っぽく」
「言葉に重みが出る雰囲気に」
「なぜかいつも“学校の先生ですか?”と聞かれるので、そう見えないものを」


などなど、求めるものは人それぞれですが、みなさんめがねへのポジティブな期待が生まれていました。参加者の写真から、めがねによって“新しい自分”が生まれた瞬間をご覧ください!


初めての丸めがね


いろいろと掛け替えて


雰囲気と共に表情も変わります


輝く笑顔!


審査員も楽しそう

ベストめがねアワード、結果発表!


参加者全員のお披露目プレゼンを終え、各審査員から3名ずつ、受賞者の発表です。審査基準は「新しい自分」を見つけられていたかどうか。
まずは(古田)秘馬賞から。


新しいめがねをかけて、「人生が変わりそう」と仰っていた男性です。興に乗った古田さんにジャケットまでコーディネートしてもらい、満面の笑みと共に前向きな気持ちも抱いたようです。


即興で服までチェンジ!

「めがねってすごいですよね。新しいめがねをかけた瞬間に勇気がわいてくるなんて」とは古田さんのコメント。


続いては、「上品なおねえさん」に変身した女性。
「今までだったらこんなめがねはぜったい選ばないですね」とこちらも嬉しそうな笑顔です。


この日のファッションにもぴったり

そして「外資系のエグゼクティブ風」に変わった男性。
コーディネートした田中さん曰く、「優しさをメガネで閉じ込めよう、という感じ」。
名言出ました! 


とてもイキイキして見えます

続いて(中西)さつき賞の発表です。一人目は、中西さんが「掛けるだけでメイクのような華やかな印象になれますね」とコメントした方。一見派手なフレームに見えますが、いやいやこれがしっくり、スマートで明るい印象です。


笑顔も華やかに!

続いて、選んでいる時の変身の瞬間が素晴らしかった女性。


キラリ、輝いています

後でお話しを伺うと、「めがねを“売る場”ではないというところがとてもよかったです。おすすめされる言葉を、売るためではない言葉として受け止めることができて」とのこと。


そして最後は「一人旅する時のめがね」を選んだこの女性。この方もとってもステキな笑顔で、新しい自分との出合いをとても喜んでいました。


一人旅、どんどんチャレンジしてください

そして(田中)幹也賞。
一人目は自らを「メガネ難民」と言っていたこの女性。


印象がガラリと変わります

続いてこちらの女性。
上品で柔らかい印象がめがねを通して引き出されるようです。


それぞれ似合うめがねってありますね

そして最後はこの方。


新しいめがねを・・・


じゃ~ん!


とっても嬉しそうな、眩しい笑顔!
大事なことなので何度も言いますが、皆さん新しいめがねを掛けた瞬間の笑顔が本当に素敵すぎました。

総評、そして、「さばえめがねツアー」へ。


新しい、自分に合っためがねをかけた時に溢れ出る喜びはすごい。めがねにそんな力があるなんて知りませんでした。きっと、会場に来てくれた参加者の皆さんもそう思ったのではないでしょうか。
今回のイベントは3時間ほどのレクチャーでしたが、それでも十分、新しい知見、新しいめがね、新しい自分との出合いが実現されていたように思います。


「わたしもめがねで新しい自分を見つけたい!」と思った皆さん、今回のようなイベントの拡大版「さばえめがねツアー」が4月に行われる予定です。
https://sabaemeganetour1.peatix.com/?lang=ja


このツアーのサブタイトルは、“自身と自信を見つける魔法の旅”。こちらは一泊二日の“めがね漬け合宿”という、世界でもなかなか類を見ない試みです。気になった方はぜひ参加を検討してみてくださいね。
そして最後に会場への質問、


「めがねのイメージが変わったという人はどのくらいいますか?」


会場の全員が手を挙げます。


田中さんからは、「みなさんのめがねに対する興味や熱がすごかった。びっくりしました。今日、鯖江から来て、皆さんとの出会いがあったことに感謝します!」


中西さんからは、「12年ずっと考えてきた、めがねは自分を変える、人生を変えるために大事だということを、皆さんにお伝えできてとても嬉しかったです」とのコメントが。


新しいめがねは人を変えます。自分自身を見つめなおし、深めていく人生の大事なお供として、めがねはある。それを実感できるとても素晴らしいイベントでした。さばえめがねツアーにも乞うご期待です!