Now Loading

めがねのまち鯖江とは

鯖江の街並み 写真
100年を超える歴史をもつめがねのまち鯖江

北陸地方、福井県の中央部に位置する鯖江市。
総人口およそ6万9千人のちいさな街です。

鯖江の位置 イメージ 鯖江の位置 イメージ

古くからめがねづくりが盛んで、
その歴史は100年を超えます。

明治38年に農作物がとれない時期の副業として
めがねづくりは始まりました。

当時、めがねづくりが盛んだった
大阪や東京から職人を招き、
地元の若者にめがねづくりの技術を伝えたことが
始まりと言われています。

めがね画像
めがね画像
めがねを作っている様子 めがねを作っている様子

働いている住人の約7人に1人が
めがね産業に関わっており、
とてもめがねと関わりが深い街です。

めがねの産地としてその高い技術力が評価され、
今や国産めがねフレームの生産シェア約96%を誇る、
福井県の中心となってめがね産業を支えています。

長年のめがねづくりでつちかわれた技術を活かし、
精密機器や医療分野などの技術開発も行っています。

2010年3月には「めがね会館」内に
めがねを見て、触れて、体験できる「めがねミュージアム」がオープン。

鯖江のシンボル「赤めがね」が目印の建物です。

メーカーの製品を一同に展示販売するショップや、
製造道具や歴史的な眼鏡を展示するミュージアムと
体験工房を併設しています。

めがね画像 めがね画像

めがねの販売はもちろん、
すべてがめがねづくしのイベント、
メガネフェスも毎年盛況です。

また鯖江の街中にはいたるところに
111個の隠れメガネが散りばめられています。

めがね画像

写真提供:(一社)福井県眼鏡協会