Now Loading

つくるひと

2019.07.23

めがねが直るまで ~カルテ2 鼻パッドがとれた~

  • #Dr.めがね研究所
  • #めがねが壊れた
  • #第二回

やあやあ、よくきたね!
ここはめがね修理の専門工房。わたしはどんなめがねも直せる修理職人だ。

わたしのもとにはさまざまな“症状”のめがねたちがやってくる。
おや、どうやら患者が来たようだぞ。よければそこで見ていきなさい。

キリッとした印象に!付け替えで変わる視界と目元。

こんにちは、今日はどうされましたか?
鼻パッドがとれてしまったんですか!それは大変だ!
ふむふむ、これは根元から完全に折れてしまっていますね~。
わかりました。では新しいものに付け替える方向で治療をしていきましょう。
それでは、さっそく取り掛かりますよ。


折れた部分を平らに削る

チタン素材で出来ているとはいえ、あまり頑丈な部分ではないので、何度も動かしていると折れることもあるんですよね。
まずは折れて残った部分を工具で切り取り、ヤスリで平らにしていきます。


新しく付ける金足を用意


鼻パッドを支えている金具を、取れてしまったものとサイズ・素材ともに同じタイプで選んでいきます。


レーザーで金具を固定


次にレーザー溶接機を使って、金具を固定していきます。
ここからは顕微鏡をのぞきながらの作業。
まずレーザーが放つ1000℃の熱でくっつけます。
次にチタンを溶かし、新しいパッド部分を強くしておきましょう。
最後は要望に応じて、付け替えた部分にメッキやペイント加工をして、完了!


これで視界も良好。バランスのとれた目元になりましたね。
それではお大事に。

取材協力/有限会社 るねっと