Now Loading

えらぶひと

2020.08.01

めがねのキホン ~フレームのかたち~

  • #めがねのキホン

これからめがねを買おうとしているみなさんへ、ぜひとも知っておいてもらいたい基礎知識をご紹介。今回は、「めがねフレームの主なかたち」を解説していきます。

(1)ウェリントン


天地幅が広く、丸みを帯びた逆台形のフレーム。クラシックタイプの中でも掛けやすい形で、特に男性人気が高いです。


(2)ラウンド


正円に近い丸型フレーム。アメリカの喜劇役者、ハロルド・ロイドが掛けていたことから、「ロイドメガネ」とも呼ばれています。個性的なイメージを演出できます。


(3)ボストン


丸みを帯びた逆三角形のフレーム。都会的でソフトな印象があり、近年のクラシックブームにのって男女問わず流行しています。


(4)スクエア


横長の長方形フレームは、シャープで知的なイメージを演出するのにぴったり。輪郭をシュッと見せたい人におすすめの形です。


(5)オーバル


横長の楕円形フレーム。柔らかで自然な印象を与えられます。ファッションやヘアスタイルを選ばず掛けやすいフレームです。


(6)フォックス


キツネの目のように目尻が上がったフレーム。ファッショナブルで個性的な印象があり、女性のサングラスなどで人気です。


—————————————
取材協力/めがねミュージアム